怪我をした時の対処法 ~ RICE処置 ~

院長の増田です。

また前回から少し間が空いてしまいましたが

今回は怪我をした時の基本

RICE処置』

についてご案内をしていきたいと思います。

まず怪我をした患者様からよく聞かれることが

温めた方がいいのか冷やしたほうがいいのか分からない

ということです。

そんな時、RICE処置が役に立ちます。

RICE処置はどんなものかというと

Rest(安静)

Icing(冷却)

Compression(圧迫)

Elevation(挙上)

の頭文字を取った呼称です。

怪我をした時は、このRICE処置を行うことが基本とされています。

それぞれの効果は

R(安静)

怪我をしたら、まずは安静に保つことが大切です。

横になって寝ることではなく、患部に負荷をかけない、動かさないということです。

I(冷却)

患部を氷や氷水などで冷やすことで、患部の毛細血管が収縮するので

腫れや内出血、痛みなどが抑えられます。

氷を氷のうやビニール袋に入れて患部に当て20分ほど冷やします。

『冷たい』→『冷たすぎて痛い』→『何も感じない』

というところまで冷やします。

2030分の間をあけて再度冷やす、を何回か行いましょう。

1度に長時間冷やしすぎると凍傷になる危険性もあるので注意です!

C(圧迫)

患部にバンテージや弾性包帯、テープなどを巻いて圧迫し腫れや内出血抑えます。

圧迫しすぎると血流障害や神経障害を起こして悪化することがあるので

痛みが強くなったり痺れ出たらすぐに緩めてくださいね

圧迫の強さの目安としては痛みは感じ無いけど、しっかりと圧迫感を感じる程度です。

E(挙上)

患部を心臓より高い位置に保つことで内出血による腫れを防ぎます。

患部の下に座布団やクッション、畳んだ毛布などを敷くだけでOKです!

ザックリではありますが、以上がRICE処置の役割と効果になります。

怪我の初期にこの反応をどれだけ抑えられるかが大事なので

怪我をしてしまった時は速やかにRICE処置を試してみてください。

腰や首など、挙上ができない所は楽な姿勢でアイシングをするだけでも変わりますよ。

次回は、肉離れについて書いていこうと思います!

読んでいただきありがとうございました!