肉離れについて

院長の増田です。

今回のブログは

『肉離れ』

について説明をしていきます。

肉離れとは読んで字のごとく

筋肉の組織自体が傷ついてしまったり切れてしまった状態を指します。

損傷の仕方は様々で

・強く力を出す

・強く筋肉を引き延ばされる

・強く打ち付けられる

等々で筋肉に対して何かしらの力が加わることで引き起こされます。

損傷の度合いは靭帯の時と一緒で3段階に分けられます。

1度損傷 ・・・ 微小損傷

2度損傷 ・・・ 部分断裂

3度損傷 ・・・ 完全断裂

それぞれをザックリ説明すると

1度損傷(微小損傷)】

筋肉の繊維が傷ついちゃったとイメージしてください。

表面を触ってもわかりにくいですが、筋肉が伸びている状態で触るとペコっとした

凹み(陥凹)を触知することができます。

2度損傷(部分断裂)】

部分断裂の文字通り筋肉の繊維がある程度バッサリ切れています。

表面から触ってもハッキリと筋肉が切れている凹みがわかります。

3度損傷(完全断裂)】

筋肉の連続性が完全に断たれる為、要手術になります。

ザックリではありますが以上が肉離れの損傷度合いの説明です!

肉離れの怖い所は念入りに治さないと繰り返しやすくなってしまうことです。

硬さがあるけど動けるしい大丈夫かも?

と思ってしまいがちですが

もし肉離れになってしまったら

硬さが感じなくなるまで

しっかり柔軟性が出るまで

治療を続けるようにしてくださいね。

ちなみに肉離れを繰り返したのは院長の経験談も込みだったりします()

肉離れを繰り返した時の絶望感といったら・・・( ;∀;)

この記事が皆様の参考になれば幸いです!

ではまた!