時間帯によって、食べても太らない時間帯がある?

オーナーの新村です❗️

 

コラム『時間帯によって、食べても太らない時間帯がある?』

 

 

食べても太らない、そんな夢の様な話があるのでしょうか?

 

これには体内のあるタンパク質が関係します。

BMAL(ビーマルワン)

皆様はご存知でしょうか?

 

この物質が体内で多く分泌されていると、

体は脂肪を合成しやすくなり、分解しづらくなります。

つまりBMAL1の分泌が多い時間帯に食事を摂ると、太り易くなるという事です。

 

人にはサーカディアンリズム、日本語で概日リズム(がいじつリズム)というものがあって、

簡単に言うと1日の中で体の中で起こる様々な変化が、お日様が昇って沈んでまた昇るというリズムでリセットされ、

また新しい24時間が繰り返されるという事です。

 

このBMAL1もサーカディアンリズムの通りに分泌量が日内変動されます。

そしてBMAL1の分泌量が、

一番少ない時間帯が1415時、

一番多い時間帯が222時、

となっています。

夜中に食べると太り易くなるという現象も繋がって来ますね💡

 

という事で、間食などは昔から言われている、

「3時のおやつ」

を意識して食べてみましょう❗️

 

この時間は食べて良い、食べちゃだめと根拠なく漠然と考えるよりも、

このBMAL1のサーカディアンリズムを気にしながら意味を持って食事を摂取してみると良いかもしれないですね❗️😄✨