身体が綺麗に見える為にトレーニングするべき部分と、逆にトレーニングをしてはいけない部分とは?

代表の新村です❗️

 

コラム『身体が綺麗に見える為にトレーニングするべき部分と、逆にトレーニングをしてはいけない部分とは?』

 

昨今のトレーニングブーム、

パーソナルトレーニングジムや24時間トレーニングジムの増加、

フィットネスを扱う番組やフィットネスのコンテストも多くなり、よりトレーニングが身近に。

男女を問わず、トレーナー、トレーニーが本当に増えました。

多くの方がボディメイクをする為にトレーニングをされている事と思います。

 

それでは、具体的に使いにくい部分はどこかと言いますと、

上半身では上腕三頭筋、背部の筋、腹筋群、

下半身ではハムストリングスや内転筋群、臀部の筋肉となります。

これらの部分を鍛えてあげると、筋肉のボリュームが均等になるのは勿論の事、重力に対して体や皮膚が持ち上がってくれて、ハリが出て綺麗に見えますし、姿勢も真っ直ぐ綺麗になります。

 

そして姿勢と筋力の関係は相互の関係で、

姿勢が悪いとこれらの筋力は衰えますし、これらの筋力が弱いと正しい姿勢を保てません。

 

逆に鍛え過ぎると良くない部分はどこかと言いますと、

上腕二頭筋、大胸筋、大腿四頭筋

となります。

 

これらの筋は何をしても使いがちで、普段の生活でも筋トレでも使います。

そして姿勢を悪い方向へ誘導しがちな筋肉ですので、鍛え過ぎには気を付けましょう。

 

せっかく行うトレーニング、正しい知識でトレーニングを積んで、しっかりと効果を出して行きましょう❗️

 

 

====================

金町 豆の木整骨院

125-0042

東京都葛飾区金町3丁目5-2 ガーデンレジデンス 1

JR金町駅南口 徒歩4分

公式Twitter @mamenoki0419

 

居心地の良い空間をご用意して

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

東京 金町 亀有 松戸 葛飾区 整骨院 各種保険取り扱い 健康保険 交通事故 超音波治療 干渉派

マッサージ もみほぐし ストレッチ リンパ 肩こり 肩甲骨 肩甲骨はがし 腰痛 ぎっくり腰 頭痛 腸もみ 産前 産後 マタニティ 筋膜 筋膜リリース カイロプラクティック 整体 骨盤矯正 姿勢矯正 猫背 ストレートネック 四十肩 スポーツ外傷 捻挫 腱鞘炎 テニス肘 肉離れ 怪我 トレーニング