関節パキッて鳴るけどなんで鳴るの?

オーナーの新村です❗️

 

コラム『関節パキッってなるけど、なんで鳴るの?』

 

体を動かすと膝がパキッ、腰がパキッ、肩がパキッ、色々な所が鳴るけど、これって何の音だろう?と思った事は有りませんか?

 

これは、関節内の内圧が高まった時に気泡が生まれ、それが弾ける事によって鳴る音です。

パキパキ関節が鳴る事が意味するのは、関節の劣化が主な原因と言えると思います。

使い過ぎによるジョイントの緩みや不整合によって、関節は音を鳴らします。

なので逆に言うと、パキパキ音が鳴る部分は、何かしらおかしくなっているんだな〜と思ってください。

 

余談ですが、

カイロプラクティックで矯正をする際、このパキッという音は矯正の成功を表す一つの指標となります。

ただ、骨が鳴れば矯正されたという訳では有りませんし、骨が鳴らなくても矯正されている事は多々あります。

 

最近ではこの関節の音を矯正で鳴らすASMRの動画が、国内外問わず出ています。

関節が鳴るのは、音を聞くだけでも気持ち良いですし、自分の関節が鳴るのも気持ち良いですよね

実際、内圧が低くなるので楽になります。

 

ただ、自分で関節を鳴らすのはオススメ致しません。

それはあくまで音が鳴って内圧が低くなって楽になるだけですので、関節が正しい位置に戻る訳では無いだけでなく、関節の劣化をより進めてしまう事に繋がります。

矯正は腕の良いプロにお任せしましょう❗️